• 探す
  • 使う
  • 知る
蔵書を探す
千葉大学で所蔵している資料を検索します。
電子ジャーナルについては電子ジャーナル AtoZから検索します。
(特殊資料は「さらに資料を探す」から探します)
さらに資料を探す
千葉大学で所蔵している特殊資料や、他の図書館の所蔵資料等を検索します。
研究成果を探す
[CURATOR]に蓄積されている千葉大学の研究成果を検索します。
電子資料を探す
電子ジャーナルやデータベースなどの千葉大学で利用可能な電子資料を検索します。
学習資料の推薦
千葉大学の学生および教職員の方は、附属図書館に備えてほしい資料を推薦できます。(学内限定)

c-arc

千葉大学
学術リソースコレクション

利用案内
附属図書館の利用方法をご紹介します。
本館のサービス案内施設案内
亥鼻分館の利用案内[ PDF PDF ]
松戸分館の利用案内
学外の方へ
附属図書館の利用・見学を希望される学外の方の手続き等についてご紹介します。
お問い合わせ先
附属図書館へのお問い合わせ先です。
MyLibrary
貸出の延長や予約状況の確認、返却期限3日前通知メールの設定、文献の取り寄せなどができます。
学習サポート
アカデミック・リンク・センターとの連携による学習サポートを行っています。
・学習支援デスク
・ガイダンス・講習会
・PCサポートデスク
・授業資料ナビゲータ
・インフォメーションシート
・コンテンツ制作室
お知らせ一覧
附属図書館からのお知らせを掲載します。
開館カレンダー
附属図書館3館の開館時間をお知らせいたします。
知る

お知らせ

IIIF画像で『戦後日本デザインの軌跡 1953-2005:千葉からの挑戦』展の展示作品を公開しました

更新日: 2020-01-15 対象:全館/アカデミック・リンク・センター

デジタル・スカラシップの概念に基づき構築したデジタルリソースを全面的に活用した学術活動を行うための新しい教育研究基盤【千葉大学学術リソースコレクション c-arc 】から、2006年に千葉市美術館で開催された『戦後日本デザインの軌跡 1953-2005 : 千葉からの挑戦』展の展示作品のうち 222点を IIIF準拠画像で公開しました。デザイン作品集がIIIF準拠画像で公開されたのは国内初です。

【c-arc 千葉大学工学部工業意匠学科・デザイン工学科卒業生デザイン集】
 https://iiif.LL.chiba-u.jp/main/IDCU.shtml


【IIIFビューワーの使い方】
 https://iiif.LL.chiba-u.jp/main/how-to-use.html

IIIFビューワー表示例

IIIFビューワー表示例

『戦後日本デザインの軌跡 1953-2005 : 千葉からの挑戦』展は、国内で草創期からデザイン教育を行い、戦後の経済復興期から高度成長期にかけて、家電・インテリア・広告など幅広い分野に優れたデザイナーたちを送り出してきた千葉大学工学部工業意匠学科(現 総合工学科デザインコース)出身者によるデザイン作品を一堂に会するものでした。自動車・家電・日用品・公共サインなど約400点を、5つに時代区分しデザインの歴史を概観しながら、創作者が意識がされることが少ないインダストリアルデザインのデザイナーとその営為を照射し、戦後日本の社会発展と文化創造にデザインが果たした役割を浮かび上がらせるという意欲的な展示内容でした。そして、日常の中に時代を先導してきたデザイン作品の数々は、千葉大学のデザイン教育・研究の成果を示すものでもありました。
千葉大学附属図書館では、展示作品の中から権利者の許諾が得られた200点あまりを撮影し、2007年3月に【千葉大学学術成果リポジトリ CURATOR 】から画像・動画を公開していましたが、今回、新しい国際的な画像公開規格IIIFに対応した画像で【千葉大学学術リソースコレクション c-arc 】から公開したことで、各デザイン作品をより精細に見やすくなりました。千葉大学卒業生による歴史的なデザインの数々をどうぞお楽しみください。

参考:

千葉大学附属図書館トップページへ