• 探す
  • 使う
  • 知る
蔵書を探す
千葉大学で所蔵している資料を検索します。
電子ジャーナルについては電子ジャーナル AtoZから検索します。
(特殊資料は「さらに資料を探す」から探します)
さらに資料を探す
千葉大学で所蔵している特殊資料や、他の図書館の所蔵資料等を検索します。
研究成果を探す
[CURATOR]に蓄積されている千葉大学の研究成果を検索します。
電子資料を探す
電子ジャーナルやデータベースなどの千葉大学で利用可能な電子資料を検索します。
学習資料の推薦
千葉大学の学生および教職員の方は、附属図書館に備えてほしい資料を推薦できます。(学内限定)

c-arc

千葉大学
学術リソースコレクション

利用案内
附属図書館の利用方法をご紹介します。
本館のサービス案内施設案内
亥鼻分館の利用案内[ PDF PDF ]
松戸分館の利用案内
学外の方へ
附属図書館の利用・見学を希望される学外の方の手続き等についてご紹介します。
お問い合わせ先
附属図書館へのお問い合わせ先です。
MyLibrary
貸出の延長や予約状況の確認、返却期限3日前通知メールの設定、文献の取り寄せなどができます。
学習サポート
アカデミック・リンク・センターとの連携による学習サポートを行っています。
・学習支援デスク
・ガイダンス・講習会
・PCサポートデスク
・授業資料ナビゲータ
・インフォメーションシート
・コンテンツ制作室
お知らせ一覧
附属図書館からのお知らせを掲載します。
開館カレンダー
附属図書館3館の開館時間をお知らせいたします。
知る

お知らせ

1990年に発行された千葉大学工学部卒業生のデザイン作品集を学術成果リポジトリから公開しました

更新日: 2019-11-22 対象:全館/アカデミック・リンク・センター

IDCU40 : 千葉大学工学部工業意匠学科同窓会会員作品集』(1990年発行)(以下『IDCU40』) を「千葉大学学術成果リポジトリ CURATOR」からインターネット公開しました。
 千葉大学工学部工業意匠学科(現 千葉大学総合工学科デザインコース) の卒業生239名による卒業後のデザイン業績が収録されています。自動車、家電製品、化粧品、文房具、家具、ロゴ、書体、交通施設サインなど多岐にわたるデザイン作品が収録されており、我が国有数のデザイン教育・研究機関として、国内外に活躍するデザイナーを輩出し、産業界の発展に寄与してきた千葉大学のデザイン教育の成果を示すものとなっています。

『IDCU40』は、工業意匠学科創立40周年の記念事業として1990年に発行され、その後約10年にわたって工業意匠学科新入生への入学祝い(卒業生の後に続いて素晴らしいデザインをして欲しいとの願いを込めたプレゼント)として贈られていました。しかし、残部数がなくなり、附属図書館の蔵書も利用が多く傷みが生じていました。附属図書館からの相談を受けた、宮崎紀郎 千葉大学名誉教授を中心とした千葉大学工業意匠系同窓会の尽力により、この度、『IDCU40』を電子化し、リポジトリ公開いたしました。

千葉大学ではこれまでに、2006年に千葉市美術館で開催された『戦後日本デザインの軌跡 1953-2005 : 千葉からの挑戦』展示作品、および、2013年に発行された『千葉大学工学部工業意匠学科・デザイン工学科 卒業生デザイン集』をリポジトリから公開しています。今回、最初の卒業生作品集である『IDCU40』もリポジトリから公開されたことにより、1921(大正10)年に創設された東京高等工藝学校を母体として、1949(昭和24)年に創立した千葉大学工芸学部から、工学部工業意匠学科、デザイン工学科、デザイン学科を経て、2017(平成29)年に改組した現在の総合工学科デザインコースにつながるデザインの歴史を概観することができるようになりました。
 リポジトリから公開したデザイン作品は、「千葉大学学術リソースコレクション c-arc」からもIIIF準拠画像を提供する予定です。作品画像の細部が見やすくなり、学術リソースとして活用しやすくなるよう準備中です。

【IDCU40 : 千葉大学工学部工業意匠学科同窓会会員作品集】(1990年発行)
https://doi.org/10.20776/106378

【千葉大学工学部工業意匠学科・デザイン工学科卒業生デザイン集】(1990年発行分、2006年展示作品、2013年発行分)
https://opac.LL.chiba-u.jp/da/curator/search/800111/?lang=0&cate_schema=1000&mode=0

参考:


千葉大学附属図書館トップページへ