• 探す
  • 使う
  • 知る
蔵書を探す
千葉大学で所蔵している資料を検索します。
電子ジャーナルについては電子ジャーナル AtoZから検索します。
(特殊資料は「さらに資料を探す」から探します)
さらに資料を探す
千葉大学で所蔵している特殊資料や、他の図書館の所蔵資料等を検索します。
研究成果を探す
[CURATOR]に蓄積されている千葉大学の研究成果を検索します。
電子資料を探す
電子ジャーナルやデータベースなどの千葉大学で利用可能な電子資料を検索します。
学習資料の推薦
千葉大学の学生および教職員の方は、附属図書館に備えてほしい資料を推薦できます。(学内限定)

c-arc

千葉大学
学術リソースコレクション

利用案内
附属図書館の利用方法をご紹介します。
本館のサービス案内施設案内
学外の方へ
附属図書館の利用・見学を希望される学外の方の手続き等についてご紹介します。
お問い合わせ先
附属図書館へのお問い合わせ先です。
MyLibrary
貸出の延長や予約状況の確認、返却期限3日前通知メールの設定、文献の取り寄せなどができます。
学習サポート
アカデミック・リンク・センターとの連携による学習サポートを行っています。
・学習支援デスク
・ガイダンス・講習会
・PCサポートデスク
・授業資料ナビゲータ
・インフォメーションシート
・コンテンツ制作室
お知らせ一覧
附属図書館からのお知らせを掲載します。
開館カレンダー
附属図書館3館の開館時間をお知らせいたします。
知る

お知らせ

教員と図書館職員の共著論文が情報知識学会論文賞を受賞!

更新日: 2019-06-12 対象:全学

 岡本一志氏(現:電気通信大学 助教、元:アカデミック・リンク・センター 特任助教)と図書館職員とが共同執筆した論文 「書架設置型RFIDシステムを用いた資料の図書館内利用調査」が、情報知識学会第16回論文賞(2019)を受賞しました。

■受賞論文
 岡本 一志, 丸茂 里江, 佐野 悠: 書架設置型RFIDシステムを用いた資料の図書館内利用調査, 情報知識学会誌, Vol.27, No.3, pp.227-244, 2017.9 [PDF]

 この論文は、図書館職員と教員との協働で実施した本学附属図書館/アカデミック・リンク・センターの 授業資料ナビゲータ(※1)コーナーにおける図書の利用調査の成果をまとめたものです。 本利用調査では、同コーナーの図書について、RFID棚管理システム(※2)を使用し、 図書が実際に手に取られた回数や時間を計測し分析しました。
 調査結果から、これまで貸出統計には反映されてこなかった利用の傾向や、 館内利用と貸出との関係などが明らかになりました。 また、この調査を通じ、「授業資料ナビゲータ」の有効性の評価だけでなく、 授業担当教員へのフィードバックを通じた授業との関係強化などにも取り組みました。

 本論文賞は、最近2年間に情報知識学会誌に掲載された論文を対象に、学会員による直接投票を経て決定されるものです。授賞式は、2019年5月25日、26日に筑波学院大学で開催された情報知識学会第27回年次大会にて行われました。

※1「授業資料ナビゲータ」とは、普遍教育の教養コア科目・教養展開科目などで、授業を担当する教員と図書館員が、 その授業の内容にあわせて共同作成した参考文献やWeb情報のリスト
※2 帝人株式会社の協力のもと、同社製のRecopickを使用

■参考URL
・情報知識学会
http://www.jsik.jp

・帝人株式会社 Recopick
https://recopick.jp


授賞式


千葉大学附属図書館トップページへ