• 探す
  • 使う
  • 知る
蔵書を探す
千葉大学で所蔵している資料を検索します。
電子ジャーナルについては電子ジャーナル AtoZから検索します。
(特殊資料は「さらに資料を探す」から探します)
さらに資料を探す
千葉大学で所蔵している特殊資料や、他の図書館の所蔵資料等を検索します。
研究成果を探す
[CURATOR]に蓄積されている千葉大学の研究成果を検索します。
電子資料を探す
電子ジャーナルやデータベースなどの千葉大学で利用可能な電子資料を検索します。
学習資料の推薦
千葉大学の学生および教職員の方は、附属図書館に備えてほしい資料を推薦できます。(学内限定)
利用案内
附属図書館の利用方法をご紹介します。
本館のサービス案内施設案内
学外の方へ
附属図書館の利用・見学を希望される学外の方の手続き等についてご紹介します。
お問い合わせ先
附属図書館へのお問い合わせ先です。
MyLibrary
貸出の延長や予約状況の確認、返却期限3日前通知メールの設定、文献の取り寄せなどができます。
学習サポート
アカデミック・リンク・センターとの連携による学習サポートを行っています。
・学習支援デスク
・ガイダンス・講習会
・PCサポートデスク
・授業資料ナビゲータ
・インフォメーションシート
・コンテンツ制作室
お知らせ一覧
附属図書館からのお知らせを掲載します。
開館カレンダー
附属図書館3館の開館時間をお知らせいたします。
使う

附属図書館本館/アカデミック・リンク・センター施設案内

附属図書館本館/アカデミック・リンク・センター施設案内

ここでは附属図書館本館/アカデミック・リンク・センターでどんなスペースがあるのか、各空間について説明します。

       

※貸出冊数や貸出物品などの各種サービス、各棟でできることの詳細等についてはこちらをご覧ください
※館内マップについてはこちら[ PDF PDF ]をご覧ください


N棟

N棟全体が会話可能な空間となっています。友人と議論しながら学習をすることができます。

・N棟の1~4階の東西にはブックツリーと呼んでいる書架があります。あるテーマに沿って、分類を超えて本が配架されています。また1・3階ではサークル等の展示などで利用することもできます。

ブックツリー(展示コーナー)の使い方・利用申込

・入り口を入ってすぐにプレゼンテーションスペースがあります。プレゼンテーションスペースでは授業期間中の火曜日・金曜日にはあかりんアワーを開催しています。
1210あかりんアワー
プレゼンテーションスペースの使い方・利用申込

・ゲートを入ると正面に総合カウンターがあります。本のことや図書館のことでわからないことがあれば、まずはカウンターで聞いてください。

・N棟2階には学習支援デスクがあります。ALSA(Academic Link Student Assistant)・図書館員・教員が学生のみなさんの学習をサポートします。
学習支援デスクの時間割等詳細

・西側ブックツリーには新着図書コーナーがあります。ここには約1か月間の間に新たに受け入れた図書を並べてあります。学生の皆さんが図書館に推薦した図書(学生希望図書)もこちらに並びます。学生希望図書はSEEDS基金より補助を受けて、購入しています。
図書の推薦(学生希望図書)
千葉大学SEEDS基金 古本募金

・東側ブックツリーには授業資料ナビゲータコーナーがあります。普遍教育の教養コア科目・教養展開科目などの一部の授業で、参考になる図書が並べてあります。
授業資料ナビゲータ

・N棟3階にはPCサポートデスクがあります。ALSA(Academic Link Student Assistant)が学生の皆さんのPCやMoodleに関する質問に答えます。
・教育用端末があり、千葉大学の学生・教職員の方はご自身のIDとパスワードでログインし、利用することができます。(教育用端末はL棟2階にもあります。)

PCサポートデスクの開設時間等詳細

・N棟4階にはグループ学習室、研究個室があります。利用するにはカウンターでの貸出手続きが必要です。

K棟・L棟

K棟・L棟は静寂空間となっています。

・K棟とL棟の間には中庭があり、天気が良い日は開放されています。パンやおにぎりなどの軽食を食べることができます。

・L棟1階のラウンジにはソファ席が多く置かれ、リラックスできる空間となっています。会話可能な空間です。

・ラウンジ内に2017年2月より、多読コーナーが設置されました。多読とは、簡単な英語の本をたくさん読むことで、英語を読む力を伸ばす学習法です。レベル別の教材や英語の児童文学、教養書など様々なタイプの図書がそろっています。

・L棟2階にはブックハウスと呼んでいる空間があります。あかりんアワーに登壇された先生が紹介した図書や、教員や卒業生から寄贈された図書があります。

・L棟の2階~4階には静寂閲覧室が設けられております。ここでは会話をはじめ、イヤフォンやキーボードの利用も制限されており、静かな環境で学習することができます。

・L棟の3階とN棟3階の間にはテラスがあります。天気の良い平日9時~16時50分に開放されています。

I棟

I棟には、研究・学習を行うための施設・設備が用意されています。

・I棟の1階と3階にはセミナールームやコンテンツスタジオがあります。セミナーや研修会、ワークショップなどに利用できます。コンテンツスタジオでは天井カメラを使った録画ができます。

セミナールーム/コンテンツスタジオの使い方・利用申込

・I棟2階にはコンテンツ制作室があります。千葉大学の教職員・学生向けに教材、授業課題、サークルなどでデジタル機器を使う制作を行うための環境を提供しています。PCやスキャナ、PhotoShopなどの各種ソフトウェアがあります。

コンテンツ制作室利用案内

千葉大学附属図書館トップページへ